エッジをかける:イントロダクション

潮やうねりで流されないようにするために、前のめり感を高めた斜め姿勢を作ります。

手を入水して前に伸ばすときに、手に体重をかけます。

この姿勢を作ることを、ナイフの刃をイメージして「エッジをかける」と呼びます。

エッジをかけるうえで大切なのが、体幹を締めて足を揃えることです。

アンクルストラップを着けてドリルを練習すると、この姿勢を感覚的に理解することができます。

エッジをかけた姿勢は、オープンウォータースイムの基本です。

キックを使わずに、前後のバランスをとることができます。

300-Edging-0.jpg
完了して次へ