FP0201-入水のしぶきや泡を減らす

手を入水するときの音や泡を小さくすることで、動作をなめらかにします。

前腕と水面の角度を45度にして、手を入水します。

手と肘の入水場所を近づけることで、水面を叩かなくなります。

入水するときの水の抵抗が減り、音や泡が小さくなります。

また手を前に伸ばす動作に集中することで、加速が上がります。

FP0201.jpg
完了して次へ