最初に力を入れる

最初に力を入れる

→加速が続かない

陸上で「力を入れる」ときに、最初に筋肉を緊張させます。これは重力や地面の摩擦力に対して、最初に力を加えることで打ち勝たないと、ものを動かしたり自分が動いたりすることができないからです。

そして打ち勝って動き始めると、入れている力をゆるめます。

一方水中では話が全く異なります。

手の動きだけに注目すると、手を動かさないときには水の抵抗は0です。

つまり最初に力を入れても意味がないのです。

水の抵抗は速度の二乗に比例するので、速く動かすほど抵抗が急激に増えます。

本来ならこの抵抗に逆らって加速し続けるために力を使う必要があります。

しかし陸上では最初に力を入れて次第にゆるめているので、水中でも同じように力の入れ方を次第に弱くするために加速が止まります。後は手の面積に比例する抵抗だけで水を押すことになります。

このように力の入れ方が陸上と水中では全く異なることを理解して、手が加速し続けられるように力を入れる必要があります。