カンタン・背泳ぎ イントロダクション

イントロダクション

背泳ぎは、頭頂部から背骨を軸としてからだを回転しながら泳ぎます。

手は交互に水上に出して、水中で水を押します。

ひざを素早く曲げ伸ばしすることで足を浮かせます。

推進力のポイント

水中の手をてこにして、水上の手を素早く前に送ります。

水中の手は肘を直角にして、水を集めます。

からだの回転に合わせて、水を後ろに押し出します。

息継ぎのポイント

背泳ぎの息継ぎは、同じ側の手を水上で動かすときに口で吸います。

口で吸うとき以外は鼻から常に息を出し続けます。

頭に体重をかけて、顔を水面近くに保ちます。

学習のステップ

最初に上を向いた斜め姿勢を安定させます。

次に水中と水上の手の動きを学びます。

さらに両手を同時に動かすスイッチ動作を学んで、背泳ぎの完成です。

D20000.jpg