カイゼン・息継ぎ イントロダクション

クロールの息継ぎは、スイッチでからだが回る勢いを使って口を水上に出します。

安定した姿勢で息継ぎをすると、息継ぎをしながら休むことができます。

素早いスイッチ動作で、加速することもできます。

息継ぎの動作

(初動作)からだが回る勢いを使って口を水上に出します。

入水した手を素早く前に伸ばして、早いタイミングで口を出します。

(本動作)息を吸います。

水中の姿勢が安定していると、ラクに呼吸することができます。

息を吸った後は、横を向いたままリカバリーの手を待ちます。

(終動作)手の入水に合わせて顔を水中に戻します。

顔が横を向いている間は鼻から息を吐きます。

息継ぎの技術習得ステップ

上を向いて呼吸する

手や頭の位置を調整して、上を向いた息継ぎ姿勢を安定させます。

からだを回して上を向くときの、からだの回し方や回転の軸を理解します。

横を向いて呼吸する

頭を立てずに息継ぎをするための姿勢を作ります。

水中の手を伸ばしたままにすることで、姿勢を安定させます。

息継ぎの高度な技術

息継ぎで休む

体重を前にかけながら横を向いて、前に進む勢いを保ちます。

リカバリーの手を入水するまで横を向いて、手をリラックスする時間を延ばします。

息継ぎで加速する

入水前の肘の位置を高くして、スイッチの勢いを増やします。

息を吐きながら水を押すと、より多くの水を押すことができます。

水面を下げる

頭頂部を沈めて素早くスイッチすると、水面にくぼみができます。

くぼみで呼吸できるので、頭を回す角度が小さくなります。

D12000-1.jpg