D12010-上向き息継ぎ姿勢

動作概要

背浮きから、片方の手を水中で伸ばして斜め姿勢にします。

目的

前後のバランスがとれて、水の抵抗が減ります。

この姿勢を保つことで、ゆっくり何回でも呼吸することができます。

動作のステップ

1)      後ろを向いて立って、両手をももの前に置きます。

2)      静かに倒れてプールの底を蹴ります。

3)      キックを始めます。

4)      背浮きの姿勢が安定したら、片手を水中で動かして肩にタッチします。

5)      肩から30 cm下に手を伸ばして、斜め姿勢を作ります。

6)      手のひらを上に向けます。

チェックポイント

両肩の高低差を確かめる

手を伸ばした側の肩が下、反対側の肩が上になります。

肩が平らなときは、伸ばす手を下げて体重をかけます。

伸ばす手の位置を変える

からだが不安定だと感じたら、伸ばす手の位置を浅くします。

足が沈むときは、伸ばす手の位置を深くします。

顔の向きを水平にする

手を伸ばしたときに顔が回りやすくなります。

顔の左右の水面の位置が等しくなるように、顔の向きを水平にします。

D12010-1.jpg