イントロダクション

25mをラクに泳ぐためのポイント

・   まず前後のバランスがとれた抵抗の少ない姿勢で、リラックスすることを目標にします。

・   次に体重を前に乗せることで、姿勢や動作を安定させる方法を練習します。

・   また上を向いて、落ち着いて呼吸する息継ぎの技術も学びます。

 

50mをラクに泳ぐためのポイント

・   ここでは、斜め姿勢を切り替えることで推進力を生み出す技術を、2通りの方法で練習します。

・   またクロールの息継ぎをラクに行うための技術もここで磨きます。

 

200mをラクに泳ぐためのポイント

・   2ビートキックにより足と手の動作をつなげることで、推進力を効率良く得るようにします。

・   また水上の手の動作を意識しながら泳ぐことで、水中の動作もカイゼンしていきます。

・   さらにオープンターンの技術を身につけて、長い距離を続けて泳げるようにします。

 

1,000mをラクに泳ぐためのポイント

・   最後の1,000mでは、推進力をさらに増やすためのドリルを練習します。

・   またフリップターンで、泳ぎのリズムを維持しながら長い距離を泳げるようにします。

・   最後に様々なクロールの練習を行うことで、回復力や持続力といった持久力を身につけ、1000mをラクに泳げるようにします。

 

どの距離においても共通なアプローチとして、

(1)     ベストフォームで25mを泳げるようにする。

・   まずドリル練習でベストなフォームを作ったら、クロールの練習により、コンスタントに25mをそのフォームで泳げるようにします。

(2)     リラックスして気持ちよく泳げるようにする。

・   次にフォームを維持しながら、リラックスすることで気持ちよく泳げるようにします。

(3)     距離を伸ばす。

・   効率のよいフォームで、リラックスしながら泳げる距離を伸ばしていきます。

(4)     うまくいかないときはドリルに戻る

・   距離を伸ばしてうまくいかないと感じたら、取り組む技術を決めて、ドリル練習で磨きます。