1. 姿勢のドリル

スーパーマングライド

目的

4種目に共通する、安定した姿勢をつくるためのドリルがスーパーマングライドです。

倒れ込みながら床を蹴ることで、前のめりの感覚を身につけることもできます。

やり方

両手を肩幅より10cm外側、水面下15cmに伸ばします。

倒れ込んで体重を前に乗せます。

陸上なら倒れるところで床を後ろに蹴ります。

リラックスした姿勢のままキックをせずに伸びます。

意識する点

下を向くことで前後のバランスがとれていることを確認します。

伸ばした手の深さや幅を調整して、体をさらに安定させます。

 

スーパーマンダイブ

目的

スーパーマンダイブは、平泳ぎとバタフライで大切な、沈み込んで浮き上がる感覚を身につけるドリルです。

手と上半身の動きを使って前のめり感を増やします。

やり方

(リハーサル)

手を肩幅に伸ばした姿勢をつくります。

前によりかかるようにしながら両手を左右に30cmずつ広げます。

胸を開くようにして、手の平を外側に向けます。

肩をゆるめて上体を戻し、手を元の位置に動かします。

(水中練習)

水中で手を伸ばした状態から倒れ込みます。

床を蹴って姿勢が横になったときに、手を外側に向け胸で水を押して沈み込みます。

からだが一番下に来たときに肩と背中をゆるめて、浮き上がります。

意識する点

からだが一番下に来るタイミング、水面まで浮き上がるまでの時間をつかみます。

バタフライ、平泳ぎともにこの時間を使って手を動かします。