フリップターン概要

フリップターンは、壁の手前で前向きに半回転して方向を変えます。

フリップターンの動作は大きく3つの段階に分けることができます。

アプローチでは、スピードが最大になったフラットな姿勢で、片手で水をかいてから両手を腰の脇に移動します。

次のターンでは、抵抗の少ない姿勢のまま手や足を素早く動かすことで回ります。

ターンの前半では上半身を折り曲げる勢い、後半では両手を返す力で回転します。

最後のプッシュオフは、スイムの中で最もスピードが出る瞬間です。

 

フリップターンにおいて大切な、三つの原則を説明しましょう。

小さく回る

まず、小さく回ることです。

あごをひき、かかとを腰につけてできるだけ小さい円の中にとどまるようにします。

小さく回ることで回転のスピードが上がり、またラクにターンができるようになります。

スピードイン=スピードアウト

スピードイン・イコール・スピードアウトは、ターンの後のスピードはターンの前に決まることを意味します。

速いターンを行うために、最後のひとかきでスピードが最大になるようにストロークを調整します。

ゆっくり、そして速く

それぞれの動作は、まずゆっくりしたスピードで確実に行えるようにします。

次に少しスピードを上げ、正しく動作ができているか確認してできていれば更にスピードを上げていきます。