カイゼン・リカバリー イントロダクション

水上で手を前に運ぶ動作を、リカバリーと呼びます。

リラックスして無駄な動きのないリカバリーは、美しいクロールに欠かせません。

リカバリーをカイゼンすることで、泳ぎの効率が上がってラクに長く泳げるようになります。

リカバリーの動作

(初動作)最初に、手を水上に出します。

わきを開いて、肘をからだの横に動かします。

(本動作)次に、手をスイングして前に運びます。

手を上腕で支えて、肘の角度を保ちます。

(終動作)最後に、スイッチポイントで入水の形を作ります。

正しい場所に正しい形で入水できるように、手の運び方を調整します。

スイッチの推進力を増やすために、入水する前に肘を高くします。

リカバリーの技術習得ステップ

姿勢を安定させる

水中の斜め姿勢が安定することで、リカバリーの手をリラックスすることができます。

スイッチ姿勢が安定することで、スイッチによる推進力を増やすことができます。

ラクに手を動かす

肩の可動域を越えないようにして手を動かします。

手を上腕で支えて、肘から先をリラックスします。

手の動きや形をコントロールする

肘を曲げたままスイングします。

スイッチポイントでは、水面に対して斜めの角度を作ります。

リカバリーの高度な技術

肘をせり上げる

肘の位置を徐々に上げて、入水直前で最も高い位置に運びます。

フィニッシュとつなげる

フィニッシュで得られる水の反動を使って、リカバリーの勢いを作ります。

水中の手を助走する

体重を前にかけて、水中の手を動かしながらスイッチすることで加速します。

D11000-1.jpg
完了して次へ