スピードアップ理論(セミナービデオ)

1-1. 速く泳ぐために良かれと思ってやらかすこと

速く泳ぐために、次のようなことを普通は行います。

ところがスピードが速くなるどころか、遅くなることが多いのです。

それはなぜでしょうか。

良かれと思ってやったことが、スピードアップにつながらない理由について説明します。

1-2. スピードアップの本質

平均速度を上げる=面積を増やす

クロールの速度はこのグラフのように変化します。右手の動き、左手の動きそれぞれに速度が上がるところ、下がるところがあります。

スピードアップというのは瞬間的な速度を上げることではなく、平均速度を上げることです。

そして平均速度を上げるというのは、このグラフの面積を増やすことだと考えると、スピードアップの具体的な取り組み方が見えてきます。

ところが普通はそうは考えずに、ピーク速度を上げようとしたり、ストローク数を増やそうとしたりして、スピードを上げようとするのです。

1-3. スピードアップを実現する賢いアプローチ

スピードアップするためには、面積を増やせばよいわけです。

ここでは面積を増やすための、3つの賢い方法について説明します。

一つ目は、速度が下がっている部分に注目して、下がり具合をゆるやかにするという「減速を抑える」アプローチです。

グラフのへこんでいる部分を浅くすれば、面積は増えますね。

また減速が小さいので、次の加速に必要なエネルギーも少なくてすみます。

二つ目は、ピーク速度に達するまでの傾きを急にして、面積を大きくするアプローチです。

これは加速を上げることを意味します。

より短い時間でピーク速度に達するために、手の動きを素早く行います。

三つ目は、特に長距離においてですが、「山の高さを保つ」アプローチです。

これは劣化を抑えることを意味します。

これまでの経験では、1500mを泳ぐ場合、最初の50mに比べて平均の速度は10%から20%遅くなります。このため劣化を抑えるだけで、スピードアップすることができます。