基本技術

後ろ向きに歩く

サポートの基本はスイマーの前を後ろ向きに歩くことです。

重心を腰にかけて、寄り掛かるようにしながら歩きます。

両手は、リラックスして水面の下におきます

腰を落とし、重心を後ろにかけると早く動けます。

 

引っ張る

軽く引っ張ることで勢いがつき、修正しやすくなります。

手を引っ張る時は、手首を軽く支えます。

頭をひっぱるときは指の腹で支えます。

頭の位置を直しながら、軽く引きます。

スイッチする時は、引っ張る手を素早く切り替えます。

 

支える

動作をサポートするときは、動きに合わせることや、支え方を決めておくことが大切です。

正しい形や動かし方を意識しやすいように支えます。

動作を安定させるため、水中の手も支えます。

 

押す

後ろから押すことで、加速がつき姿勢を安定させることができます。

キックをしないドリルでは、大切なサポートの一つです。

 

キックの補助

キックをサポートするときは、四本の指で膝頭を支えて、膝の裏に親指を当てます。

膝の裏側で、筋の曲げ伸ばしができているかどうか確認します。

スケーティング姿勢のキックでは、足を斜め方向に動かします。