ドライランド・リハーサル イントロダクション

クロールの正しい姿勢や動作を、陸上で練習して覚えます。

ドライランド・リハーサルの種類

ドライランド・リハーサルには、想定する水面の方向によって2つの種類があります。

立位

立位のリハーサルは、立った姿勢で行います。

水面は壁や鏡と平行です。

からだの斜め姿勢や回転動作を意識した、手の水上動作や息継ぎの練習に使います。

腰から後ろの手の動きを練習するときにも使います。

前屈姿勢

前屈姿勢のリハーサルは、前に屈んだ姿勢で行います。

水面は床と平行です。

水中で横になった姿勢に近いので、斜め姿勢の切り替え練習に使います。

姿勢が立っていると、肩の可動域が変わって手の水上動作が正しくできなくなります。

背中をできるだけ寝かせます。

クロールの学習ステップ

カンタンレベルでは、グライド姿勢、スイッチ姿勢、スイッチ動作、そしてリカバリー動作を練習します。

グライド姿勢

片方の手を前に伸ばした斜め姿勢を、クロールのグライド姿勢と呼びます。

水の抵抗の少ないグライド姿勢を長い時間保つことで、クロールがラクに泳げます。

スイッチ姿勢

水上の手を入水する直前の姿勢を、スイッチ姿勢と呼びます。

手を入水する場所をスイッチポイントと呼びます。

スイッチ動作

水上の手を入水すると同時に水中の手を動かして、斜め姿勢を切り替えることをスイッチ動作と呼びます。

クロールではスイッチ動作で推進力が得られます。

リカバリー動作

水上で手を後ろから前に運ぶ動作を、リカバリー動作と呼びます。

肩の可動域を越えないリカバリー動作で、クロールがラクに泳げます。