カンタン・クロールがあなたのスイミング・ライフを変えます!

カンタン・クロールのレッスンには、「クロールをこう泳ぎましょう」という説明は一切含まれていません。今あるクロールのフォームを直そうとしたところで、長い年月にわたって染みついてきたクセはすぐにはとれないからです。その代わりにクロールとは全く関係のなさそうな「背浮き」から始めます。最初はとまどったり、効果がないのではと感じたりするかもしれません。いずれのドリルも完璧に行う必要はなく、感じがつかめたら次に進みましょう。うまくいかなければ一つ前のドリルに戻ればよいだけです。

スケーティングまでできるようになったら、クロールを泳いでみましょう。いつもとは違う感じに気づくはずです。バランスがとれ、抵抗の少ない姿勢で泳げるようになれば、いつものクロールが軽く、ラクに感じられます。息継ぎの回数が減り、1回に泳げる距離が伸びれば最高です。

スイッチドリルまで練習すれば、これまでの泳ぎとは全く異なるクロールの誕生です。ラクに泳げるだけでなく、水に対して手や足、頭がどのように動いているのか意識を常に働かせることで、感覚が鋭敏になってきます。そして感覚が鋭くなるほど、自己修正ができるようになり、さらにきれいでラクなクロールを泳げるようになるのです。



カンタン・クロールはここが違います!

基礎技術を確実にマスターするためのドリル

「魚のように泳ぐ」ために必要な、次の3つの基礎技術をマスターするためのドリルを紹介します。

1.体をバランスさせる技術

2.抵抗の少ない姿勢

3.からだ全体を使って進む技術

ドリルはステップになっているので、現在どこまでできるようになったのか、次に何をするのかがすぐにわかります。また各ドリルのフォーカルポイントはわかりやすい達成目標になります。

効率良くマスターできる「チーム・ラーニング」

2人がお互いをサポートすることでさらに上達が早くなるチーム・ラーニングの方法を紹介します。

クロールをさらに美しく・ラクに泳ぐために

よく進む壁キック、ラクな息継ぎやターンの練習方法も紹介します。


いつでも、どこでも使える3つのアクセス方法を提供

  1. ウェブビデオ視聴:高速インターネットに接続していれば、ビデオをストリーミングで視聴できます。
  2. PDFガイドブック:ビデオに収録されている説明を文章にしました。練習前にサクッと見直すことで練習の効果が高まります。
  3. 電子書籍(ePub):全てのビデオと文章をダウンロードすることができます。インターネット環境のないところでも全てを視聴することができます。


【PDFファイルダウンロードの注意事項】
・ログインした状態でページにアクセスしてください。
・iOS(iPhone、iPad等)の場合はSafariブラウザをご利用ください。


ビデオの構成

  はじめに
利用可能です
日 登録後
  レッスン1
利用可能です
日 登録後
  レッスン2
利用可能です
日 登録後
  レッスン3
利用可能です
日 登録後
  レッスン4
利用可能です
日 登録後

DVDコンテンツとセミナービデオが利用し放題!

<PR>DVD40タイトルのウェブ版や電子書籍、110種類以上のビデオセミナーや練習メニューが利用し放題のプランがあります。

15年間、8000人以上のスイマーへの水泳指導経験に基づいた情報なのできっとお役に立てると思います。ぜひご検討ください。

利用し放題のプライムコースの詳細はこちらから→